1. TOP
  2. ひらがな速読法
  3. 第二外国語でバイリンガルが叶わない?

第二外国語でバイリンガルが叶わない?

 2017/12/04 ひらがな速読法 吉岡学院長ブログ
この記事は約 3 分で読めます。 20 Views

From:吉岡節夫

脳科学者がいう第二外国語でバイリンガルは叶わない!?

 

第二外国語は8歳、9歳までに習わないと定着できないと言っています。

というのは、5つの母音を5歳くらいまでには、

すでに聴き分けられるようになっていると言います。

 

そのように脳が順応して脳が組み上がってしまっているのです。

脳科学ではそのように決めつけています・・・

 

それに・・・

9歳を過ぎた年齢で日本語の3倍もある母音や子音を聴いても

対処する脳がないので母音情報を区別するのは無理とも言っています。

その一方では・・・

「自転車に乗れないけど」

何度も練習しているうちに自転車に

乗れるようになった経験は多くの人があるでしょう。

 

それが脳の可塑性と呼ばれるものなのです。

 

自転車に乗れるように脳が書き換えられたことを意味します。

 

そして、そのような運動系の記憶や脳の働きは

いつまでもなくならないと脳科学者は言っています。

 

訓練の仕方しだいでは、脳幹も甦るのです。

これには高周波を基礎にしたクラシック音楽・自然音を

組み合わせたものがあります。

 

多くの体験がそれを実証しています。

これを聴いてから単語・英文を学習すると

抜群に記憶力がアップしていきます。

 

また、英語が喋れるようになっていくのです。

 

このような訓練は、

「英語乱数」訓練の高周波理論ともよく似ています。

 

やった人しか体験できません。

また、やった分だけ伸びていきます。

 

だかこそ・・・

ジョン万次郎は14歳から耳学で習い始めた

英語をものにできたのです。

 

そのように、人は聴き取れることから始まり、

聴こえたように話をすることができます。

 

そして、いつまでもその能力を持ち続けていくことができるのです。

人生が幸せで豊かになっていくはずです。

 

続きます。

 

BRLM高速学習アカデミー学院長 吉岡 節夫

\ SNSでシェアしよう! /

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

brlm