1. TOP
  2. ひらがな速読法
  3. 乱数のはたらき

乱数のはたらき

 2017/12/05 ひらがな速読法 吉岡学院長ブログ
この記事は約 3 分で読めます。 54 Views

From:吉岡節夫

「乱数訓練」で英語脳が活性化!

ひらがな速読法をサポートする重要なツール

 

あえて言わせていただければ、

「乱数訓練」は速読脳をつくるうえで大きな働きをしています。

 

たとえで言えば、

曲芸にも似ています。

 

ある芸人が・・・

片手に番傘を持ち、もう一方の手に手毬を持っています。

 

番傘をひょいと手前に傾けたその瞬間に、

手毬が手から離れつつ、番傘の上でバウンドしています。

 

すると、手毬は番傘の上で楽しげに回っています。

その離れ業は、素人にはできません。

 

乗ったその瞬間には、

手毬は番傘の上では別な生き物になったかのようです。

 

芸人から命を与えられて、

だたの手毬ではなくなっているのです。

 

芸人が両手を使いながら、

番傘を回している様子は・・・

 

まるで、左脳と右脳の連携プレイの曲芸とでも

言える玄人の技を見ているようです。

 

しかし、その玄人でも・・・

下積みの長い訓練があって初めてできる技です。

 

「ひらがな速読法」と「乱数訓練」は

そのような芸人の技と同じなのです。

 

しかも、「乱数」に「英語」を追加しました。

これで、万国共通の脳活性プログラムが出来上がった

ことになります。

 

速読を難しくさせているのは何が原因なのでしょうか。

 

速読職人の技を真似るのは困難です。

 

文字をどのように読んでいるのか「さっぱり」

わからないのです。

 

私が学習塾で教える方法は、

英や国語を勉強するのも同じ用法で教えます。

数学・理科・社会でも同じですが・・・

 

頭の中の作業が・・・

実際どのように行われているかです。

レントゲンのように見えれば誰でもわかりますよね・・・

 

私達の頭には文字を音声化する「小人」がいるという

話しをしましたが・・・

 

覚えているでしょうか。

その声は脳内で聴こえているのです。

 

もしやこれが、第六感とつながり

「シックスセンス」と呼ばれるものなのでしょう。

 

つまり、1度だけではなく、2度再現されますが、

望めば、何回でも「脳内の声」を聴くことができる

と思います。

 

そのシックスセンスは集中しているときに

感じやすいのです。

 

「乱数訓練」のケタ数が少なくても多くても同じ効果を

得られます。

ただ、集中するなかで得られるものなのです。

 

このプログラムは「ひらがな速読法」のなかで

学習できるようになっています。

 

 

 

続きます。

 

BRLM高速学習アカデミー学院長 吉岡 節夫

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

吉岡節夫紹介 吉岡節夫一覧

brlm

この人が書いた記事  記事一覧

  • 速読のコツをつかんで簡単にマスターする方法

  • 黙読の壁を破って速読につなげるための9つのコツ

  • スマホにピンマイク

  • 脳科学による「ひらがな」の力

関連記事

  • 東海ラジオさんに吉岡学院長が出演しました。

  • 耳鳴り、めまい、難病がピタリと消えた!

  • 自分の能力開発をしたい人へ。

  • ひらがな速読法は必要ない?

  • 一番簡単に脳を活性化する方法。

  • 英語乱数のちから