1. TOP
  2. ひらがな速読法
  3. 「ひらがな」が促す効果

「ひらがな」が促す効果

 2017/12/28 ひらがな速読法 吉岡学院長ブログ
この記事は約 5 分で読めます。 42 Views

From:吉岡節夫

ひらがな速読法は脳の各回を活性化する!

「ひらがな」が促す効果

 

脳科学からみた「ひらがな読み」の凄さがわかる。

大まかなストーリーを紹介します。

 

ひらがなと脳のしくみ

 

人は大脳をもっています。そして、思考や思考を司る前頭葉には前頭連合野があります。この前頭連合野があることで人間らしさがあるのです。

 

動物にも前頭連合野があります。人が最も多く大脳の30%を占める容積がありますが、サルは12%、犬は7%、猫は4%と言われています。

前頭葉には、体を動かす運動野があります。

そして、大脳の側頭葉には言語脳がいわゆる「ひらがな」を司る脳です。

因みに、利き腕が右と左ではこの言語脳の部位が異なるという研究があります。

右利きの人の言語野は、98%が左脳に言語野があります。

残りの2%は右脳に言語野があると言われています。

そして、左利きの人は3タイプがあります。

言語野が左に70%、右に15%、左右の両方にあるが15%と言われています。

 

ということは、左右脳に言語野がある場合もあるのです。

天才といわれる人は左右に言語野があったのかもしれません。

左右が利き手なので、右脳の空間的な思考が具象化する助けを左脳がやっているのです。この人たちは1%にも満たない天才たちなのです。

 

それでは本題に入る前に「ひらがな」の正体をつきつめていきましょう。

「ひらがな」は表音文字といいます。ローマ字の元となったフェニキア人が考案した文字も表音文字でした。

 

表音文字は叫び声と同じようなもので、

同意や決済を伝える役割があり、それがしだいに単語が生れて言葉として発展していきます。

麹づくりのように長い時間をかけて熟成していったのです。

 

絵文字は単語のような働きをしてつながって言葉となっていったのです。

エジプトの壁画も後に解釈されるようになり、ほぼ現代解釈ができている段階です。しかし、インカ帝国の古代文化は文字の解釈が進んでいないせいで全容がわかっていません。

 

表音文字は音素の集まりです。

その音素はいつ生まれたのでしょうか。

 

動物から答えを探ってみましょう。

これはNHKで放送されていた内容です。

 

カラスの鳴き声を研究している人がいます。

例えば、「か~か~」とか「かっかっかっ」「クア~クア~」と聞こえる鳴き声を分析したそうです。鳴き声だけで2000種類ほど集めたそうです。

そして、カラスの行動を見ながら鳴き声を分析機で解析しながら判断していきます。見えてきたのは、40種類ほどの「カラス言葉」らしいものがあることを突き止めたのです。

 

実際、効果があるかを確かめたのです。

「ここは危険だよ」と流し、離れた場所では「ここは安全だよ」というカラス語を流したところ大成功したのです。カラスはA地点からB地点に移動をしたのです。

 

動物の実験からわかることは、言葉があって互いにコミュニケーションをとっていたことです。

生まれたばかりの子供のカラスも体験をしながら言葉を学んでいるのです。

そして集団で移動したり狩りをしたりすることで言葉を覚えていくのです。

また、長い時間の経過によってバリエーションが広がっていったとも考えられます。

 

そう考えれば、人の脳は大容量で前頭葉が発達しているので言葉によるコミュニケーション力はカラスと比べようがないほど優れているのです。

 

しかも人間は、旧石器時代が700万年もの間続いてきました。

この間に、いろんな道具が作られ採取や狩りが盛んになっていきました。

700万年の前後あたりから人間は打製石器から磨製石器をつくり始めていきます。これが新石器時代です。

 

この時代では食料を保存する知恵もでてきたのです。今までは、他の種族や動物などが見つけにくいところに埋めたのです。

それが、貯蔵用の壺やら煮炊きできる壺の出現により豊かな生活ができるようになったのです。生活圏内に食糧を貯蔵することができたことで村をつくり定住生活が可能となっていきます。

 

半栽培という方法で、果樹園をつくり農業の基礎ができあがったときでした。

漁法が進み多くの道具も考案されていくなかで、網や網を沈めるためのおもり(石錘)や網を水面に浮かす木製の浮までありました。このころの漁法は現在も受け継がれているものが多いと言います。

 

 

つづく

BRLM高速学習アカデミー学院長 吉岡 節夫

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

brlm.jp|社会人のための高速学習とビジネスに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

brlm